ベランダの雨漏りを直そう
:雨漏りを放置して起こるトラブル
信頼できる業者を探して雨漏り修理を依頼!
ベランダなどの雨漏りの再発を防ぐ工夫

雨漏り修理の効果を維持するために

今後雨漏りトラブルが起きないように対策するには

業者に調査を依頼し雨漏り修理をしっかり行なったとしても、建物の経年劣化は避けられません。雨漏りが起こりやすいベランダや屋根、壁は特にそうです。そのため、雨漏り修理の効果を持続させる工夫が必要になります。

雨漏りは再発することもある


再度雨漏りをする可能性ってありますか?
ベランダや屋根などの調査時に原因箇所を的確に探し、必要な箇所全てに雨漏り修理を行なっていなければ、再び起こるでしょう。雨漏りが起こった場所は、起こりやすいことに変わりないため雨漏り修理後も劣化に気を付けなければいけません。

雨漏りに最適なグッズ

シーリング
外壁やサッシ周りの軽度のヒビ割れや傷は、シーリング材を用いて自分で補修することが可能です。ヒビ割れ部分の汚れやゴミを取り除き周りにマスキングテープを貼って、シーリング材をヒビ割れに注入します。シーリング材が乾く前にヘラで表面をならして乾かします。
補修液
水性の塗料をベランダや壁などのコンクリートのヒビ割れ部分に塗る方法です。刷毛やローラーを使って縫っていきます。木製品や金属の耐水性を高め、劣化やサビを抑える働きもあるため、ベランダや壁のコンクリート以外にも使えます。
防水テープ
防水シートなどの破れに貼ると応急処置ができます。アルミ製の防水テープもあり、使用したい箇所に合わせて選べるため便利です。屋根そのものに貼るタイプもあるので、必要に応じて使い分けましょう。

雨漏り対策するなら、DIYでもできますが、業者では定期的に調査を行っています。しっかり雨漏り修理を行なわなければ、再びトラブルが起こってしまうため、業者に依頼するのがベストです。早めに調査を行ない、ベランダや屋根などの雨漏り修理をしましょう。

TOPボタン